ホーム > 宅建試験 > 郵送申込み

郵送申込み



― 令和3年度の宅建試験の申込みは終了しました。 ―





受験申込後の各種変更について

登録講習受講者(いわゆる「5問免除」)への変更

◆ 一般受験者(50問)として申込んでおいて、後で登録講習修了者(45問)へ変更することはできません。

申込後に改姓等のあった場合の注意

◆ 婚姻等により改姓等のあった場合は、試験当日に試験監督員から「データ修正票」を受け取り、修正事項を記入の上、試験終了時に提出してください。合格証書の氏名に反映されます。

 

申込後に住所を変更した場合の注意

◆ 郵便局へ「転居届」を出して受験票等を転送してもらってください。
(「転居届け」はインターネットでも手続きができます。)

試験地及び試験会場の変更は、いかなる理由があっても一切できません。
このために結果的に受験できなかった場合でも、いったん払い込まれた受験手数料は一切返還しません。

◆ 試験当日は、試験監督員から「データ修正票」を受け取り、新住所を記入の上、試験終了時に提出してください。合格証書送付先に反映されます。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


重要なお知らせ

令和3年度宅地建物取引士資格試験における新型コロナウイルス感染症への対応について はこちら

試験案内の配布期間、場所等

郵送申込みは試験案内(受験申込書用紙付属)が必要です。お住まいの都道府県(FAQのQ2-3参照)の試験案内を入手してください。

配布場所は、こちらをご覧ください。
配布期間は、令和3年7月1日(木)から7月30日(金)までです。

郵送による受験申込期間

郵送申込みの期間は、令和3年7月1日(木)から7月30日(金)までです(当日消印有効)。

(簡易書留で郵便局窓口から。)



都道府県ごとのお問い合わせ先(協力機関)はこちらをご覧ください。

身体に障がいなどがあり配慮を希望する方は、受験申込書に所定の資料(試験案内をご確認ください。)を同封してください。